2005年 06月 28日
雨に濡れた紫陽花の花
d0029746_2227575.jpg
本日我が酒田は霧雨模様でした。視界が非常に悪かったのですがその分紫陽花がきれいでした。雨に濡れた蜘蛛の糸がとても素敵でした。
仕事の営業で紫陽花がきれいな公園の側を通ったので雨にもかかわらずシャッターを切りました。昨日live miyagiのmmkさんによい子は雨の日デジカメ使っちゃ駄目って言われましたが思わず使っちゃいました。ごめんなさい。ある方より誕生日にカメラを譲っていただいたのでそれの初撮影って事で雨でも無理しちゃいました。カメラが変わったの判りますか?下のと比べれば一目瞭然。

さて紫陽花って言うのは毎年同じ顔(色)は出なかったりするって言いますよね。土のアルカリ性と酸性によって色が違ってくるって聞いたことがあります。毎年同じ時期に同じように咲くんですけどそうやって環境によって色が違うって生きているって感じで良いなって思います。
それは人間も同じだなって感じました。最近私は誕生日を迎えたんですが毎年同じ時期に年を重ねていくけれど置かれている環境で随分表情や顔つきが変わったりしますよね。花も人間も同じように生きているけど周りの影響で時に違った顔や色を見せる。全然違う生物ですがそこら辺は同じなんだなって何だか紫陽花に親近感を覚えた今日この頃。
花も人間も根幹にある基礎の土壌が大事なんだなって。花は身をもってそれを示している気がするな
[PR]

by wavesounds | 2005-06-28 22:44 | 自然


<< 空に向かった紫陽花。      梅雨のかほり >>