「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2007年 09月 30日
渋谷のお祭り
d0029746_22262718.jpg
今日は一日中雨模様。予定も全て変更になりました。
昨日も寒かったですね。体を壊さないように。
そうそう。明日からはクルービズじゃないからネクタイをしていかないと。
もう秋ですね。

今日はテレビチャンピオン見てました。
魔女こと菅原初代さん凄い。ていうか怖い!!
秘密のみおちゃん食べ方汚すぎ。
ギャル曽根はメイク濃すぎ。
泉は作戦がおもしろすぎ。
山本は強すぎ。
白田は偉大。

これはずいぶん前に撮った渋谷の祭り。
[PR]

by wavesounds | 2007-09-30 22:34
2007年 09月 29日
EOS 40D
d0029746_2233056.jpg
勢いで買ってしまった。
あはは。価格はビックカメラ有楽町店で143800円×ポイント10%。
友人に売ったカメラが38000+ポイント23000。
20Dはもうすでに友人の所に旅立った。
これからこいつとともにいろんな思い出を撮っていこう。
ありがとう20D。よろしく40D。
これ夜中にGRDで撮ったんだけどよくとれているなあ。
[PR]

by wavesounds | 2007-09-29 22:06
2007年 09月 24日
眠い
d0029746_2320329.jpg
最近いくら寝ても寝たりないのですよ。
こいつみたいにずっと寝ていたい。
週末は寝ていようなんて考えたんですが行動的に活動していました。
あはは。今になってそのつけが。
まあ今週は残り四日なので頑張りましょう。
[PR]

by wavesounds | 2007-09-24 23:21
2007年 09月 23日
暑いですね。
d0029746_23532021.jpg
本当に暑いですね。
水浴びしたい。

さて、そろそろ恋人とのお別れが迫ってきました。
何の話だか判らないでしょうね。
簡単に言えば僕の恋人がついに嫁ぎ先が決定しました。
思えば彼女と出会ったのは2005年の夏。
二年という長い季節を過ごしてきました。
思えば怪我して入院したり、転んで怪我をしたり。
この二年間どこか遠くに行く際はいつもあいつが側にいました。
彼女と過ごすのももう一ヶ月程度。
来週は調布の花火大会、再来週は香港旅行。
それで彼女とはお別れ。
幸い嫁ぎ先は僕の親友の所。
新しい所でもすてきな写真を写しだしてあげてください。
ありがとう20D。

そして僕は新たな恋人40Dを購入します。
評判もいいし、使い心地もいいらしいです。
11月の沖縄旅行までには購入予定です。
[PR]

by wavesounds | 2007-09-23 00:02
2007年 09月 21日
カバの行水
d0029746_0445491.jpg
上野公園のカバさん。
でっでかい。おなかが地面につきそうです。
何かが詰まっているのでしょうか。もの凄いです。
うん○がもの凄い大きさでした(失礼)
最近太ってきた僕ですがおなかが地面につかないように気をつけようと思います。
[PR]

by wavesounds | 2007-09-21 00:48
2007年 09月 17日
蓮の花
d0029746_22362936.jpg
某所の蓮の花。
蓮の花は朝に咲き昼には閉じる。
僕は蓮の閉じたものも好きだ。
この写真を撮ったのは午後5時前後の上野公園不忍池。
遠方遙々遊びに来た友人と一緒に。
ピンクの花びらの色を再現するのは難しい。
写真は撮れても現像は難しい。
それもまた楽しい。

佐渡日記で一ヶ月分取っていたので、ネタはあるので更新していきます。
[PR]

by wavesounds | 2007-09-17 22:41
2007年 09月 13日
佐渡旅行記11
d0029746_125844.jpg

四日目の朝もいつもより早く目覚めた。
今日で佐渡から帰ると思うとやはり寂しい気がした。
朝みち子さんに挨拶したけど目を見てくれなかった。
きっと目を会わせられないないんだろうな。

朝10時にはここを経たなければいけない。
もう数時間と考えるとやっぱり寂しくなった。
朝食はいつも通りに食べた。
みち子さんの料理は無添加だし塩分控えめだし最初は味が薄いななんて思っていた。
でも何日か食べるうちにこの味が癖になってきた。
佐渡って良い所だなまた再認識した。
そういえば食事の写真は撮っていない。食欲には写欲は勝てないんだな。
食事を終えると帰り支度。支度を終え外に行くとお土産用にサザエが届いていた。
佐渡のサザエは物凄く美味しい。物が全然違う。
生きもいい。お土産に貰って帰った。
相川を経つまでは昔の写真を見ながら思い出写真に花を咲かせる。
僕やRさんは話にあんまりついていけなかったけど聞いているだけで楽しかった。
思いで話に花を咲かせていると十時になった。
みんなに挨拶をして帰路についた。
みちこさんはお坊さんの相手で忙しかったけど見送りにきてくれた。
敏郎さん(みち子さんの息子)もお見送りにしてくれた。
さようなら、また遊びにいくよ。みんながこころの中でそう思ったことでしょう。

レンタカーを返しフェリー乗り場近くで食事をとりフェリーで帰ることに。
お盆のせいか人でごった返している。
日本人の先祖に対する気持ちを感じ、船酔いへの恐怖と戦いながらフェリーに乗る。
二時間半の船の旅はあっという間にすぎ、
佐渡からの旅は終わりを迎えた。
d0029746_1244810.jpg

また来年。佐渡に遊びにいくよ。

※ 佐渡に行ってみたい方、宿は確保できるので声をかけてください。
  一緒にいきましょう。

初めて旅行き書いたけど疲れた。
約一ヶ月もかかってしまった。
まるで水曜どうでしょうだな。
これからもたまに旅行記更新を書こうと思います。
ネタがたまっているのでそのうちまた更新します。
[PR]

by wavesounds | 2007-09-13 01:45
2007年 09月 11日
佐渡旅行記10
d0029746_23555345.jpg
佐渡三日目。佐渡で過ごす最後の夕食は僕らの驕りで寿司。
明日帰るというのが判っているからか、みちこさんもとても寂しそうだ。
みちこさんは77歳。今は子供達(といっても僕らの親世代)も島を出て一人島にで暮らしている。
朝早くに起き畑仕事をして友人と能とかを見て楽しんでいる。
今が青春と楽しんでいる様子です。
大勢で遊びに来て最初は迷惑そうだったけど最後に、
「お前たちが来て騒がしかったけど、もういなくなると思うと寂しいな」
その台詞が何故か僕の胸を突いた。
美味しいはずの寿司もどこか寂しかった。
ミチコさんの家はクーラーなんてハイカラなものはないし、風通しも悪いし西日も当たってクソ暑い。
でも凄く居心地がよい。なんでだろう。多分安心感なんだろうと思う。
d0029746_23561049.jpg

夕食を食べた後は春日岬に夕日を見に行った。
ここはとても夕日が綺麗な所で有名である。
d0029746_23563127.jpg

結局ここで100枚以上も写真を撮っていた。
すべてを見せることはできないけど一部をお見せしたい。
d0029746_0183770.jpg
d0029746_0184714.jpg
d0029746_0185512.jpg

夕日が沈んだ後は家に帰ってしばし団欒。
もう少し長く佐渡にいたかった。
この日の夜も星を見に行った。
流星群のせいか30分で10個近くの流れ星を見た。
都会とは迫力が違う。光のない所ではこんなにも星が映えて見えるのかという感じ。
この日は星を見た後、夜食(ラーメンを食べた)
よく考えたら佐渡に来てから食べてばっかりだ。
こんなんだから体重も増える訳だ。
そんなこんなで佐渡最後の夜も更けていきました。

※ 次でついにラストです。
[PR]

by wavesounds | 2007-09-11 18:04
2007年 09月 10日
佐渡旅行記9
佐渡旅行記もいよいよ終盤。
尖閣湾を見終えた私たちは佐渡の北端である大佐渡方面を目指す。
しかし尖閣湾を越えると店や集落がなくなる。
そろそろおなかの虫も鳴いてきた頃だけどお店がなければ入れない。
それどころか険しい道が続く。デミオが悲鳴を上げるくらいの坂道。
これを自転車で登ろうなんて無謀すぎると計画の甘さを実感。
危うく何の策も練らずにロングライドに出るところだった。
210キロはあきらめようよ鈴木君。僕らには80キロか40キロがおにあいだよ。
そんなかんなでにか下り始める道。
いつの間にか大野亀に着く。
d0029746_0363319.jpg

これも絶景だ。この岩はエアーズロックのように一枚岩。
5、6月にはトビシマカンゾウが咲き乱れる。
我が酒田にある飛島で一番最初に見つかった花だからトビシマカンゾウ。
今でこそ佐渡名物だが我が酒田の方が元祖らしい。
ここでもうれしい酒田と佐渡の共通点をみた。
ここ、大野亀は観光スポットで大きなレストハウスがある。
腹ぺこな僕らはここで食事と思ったがあまり美味しそうにない。
と言うことでここはスルーして二つ亀を目指す。
先ほどの険しい道がトラウマになった僕らは、この先もさっきみたいな道かなと怯えるが、
なんてことのない道だった。しばらく行くと二つ亀に到着。
しかし亀なんて見えない。
本に載っているような亀をみるには急勾配の坂道を歩いて下らないと行けない。
そんなことは体力的に無理。
あきらめようとしたが、目の前にホテルが。
と言うことでホテルの中庭から撮った二つ亀、
これまた絶景。
d0029746_036722.jpg

d0029746_0382843.jpg

時計を見るともう二時…
ここからは佐渡の北西部を回って両津に戻るコース。
西側は割りと穏やかな道である。険しかったさっきまでの道が嘘のように。
まあ両津で軽く何か食べようということになる。
夕飯は5時からだからそれまでは約二時間。
しかし僕はカレーを食べる。
他の人は軽食。以外に美味いカレーライス。
[PR]

by wavesounds | 2007-09-10 00:54
2007年 09月 03日
佐渡旅行記8
※最近ぜんぜんコメントがない(笑)単なる自己満足日記になってしまっているのかな?


佐渡滞在三日目。この日も朝早く目覚める。
暇だから近所を散策。何だか懐かしい町並み。
d0029746_22335772.jpg

この日は佐渡の北部を目指す日程。まず相川のひまわり畑を目指す。
海岸線に広がるひまわり畑を見て尖閣湾を見て、二ツ亀を見て両津方面を経て最後には家に着くコース。この日の夕飯は寿司。それは行く前から決まっている。ちなみに夜食にラーメンってのも決まっている。
やや遅い十時頃出発する。おそらく町にたった一つのコンビニは大混雑。
品物がまったく無い。この時期佐渡は人口が三倍になるらしい。
店員さんが大慌て。駐車場は車が入れない。
そんなこんなでしばらく行くと海沿いに広大に広がる相川のひまわり畑。
絶景だ!!!
d0029746_22342664.jpg
d0029746_22343896.jpg
d0029746_22354529.jpg

物凄く綺麗だ。
青空と青い海とひまわり。こんなの見たことが無い。びっくりした。
もちろん補正何てしていない。空に向かってまっすぐ咲いているひまわりはすばらしい。
本州から遠く離れた佐渡にはこんな風景が存在する。

もっと見たかったけど相川のひまわり畑を後にする。
目指すは尖閣湾尖閣湾。ここは国定公園。新潟県佐渡市 国定公園 尖閣湾。
ガイドによると佐渡有数の景勝地。幾万年もの波浪に浸食されて生まれた荒削りの断崖は、ゴシック建築の威容を思わせます。また、この一帯は海中公園に指定されていて、海中透視船も運航されています。
すごいなあ。日本海の荒波の凄さを改めて実感する。
d0029746_2242767.jpg

海が真っ青。恐ろしくあおい。海底まで見える。
落ちたら…何て考えるだけでぞっとする。
船からの映像。元気に海猫?達が飛んでいる。
遊覧船の中では海底が見れる。
魚がでかい。美味しそう。
d0029746_22425287.jpg

d0029746_22421760.jpg
かっぱえびせんに反応する海猫さん。
凄い勢いで飛んでくる。
d0029746_22423336.jpg

日本海に削られた岩はフィヨルドを思わせる(@遊覧船放送)
d0029746_2243095.jpg

遊覧船で酔った人間にはこういった風に当たる物も用意されている。
僕は無事だったが、Rさんはぐったり。乗り物酔いをする僕はやばいと思ったが意外と平気だった。
[PR]

by wavesounds | 2007-09-03 17:28